8月13日(日)俳優のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は俳優のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

キース・ジョンストンのインプロの基本的な考え方を踏まえつつ、アクティングにも進めてとっても充実した時間となりました。また、みなさんの学ぶ意欲がとても高く、失敗しても「学んだね!」と声を掛け合うようなとってもいい雰囲気となっていました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

たくさん失敗してたくさん学ぶ

人は失敗することによって学んでいく。一輪車に乗りたい人が「でも絶対に転びたくない」と思っていたらなかなか学べない。「転んだらそれも仕方ない」と思えたらどんどん学んでいくことができる。失敗するということは学ぶこと。そう思えたらどんどんチャレンジすることができる。

相手にいい時間を与えることは本当に難しい

相手にいい時間を与えることは本当に難しいこと。相手のことをよく観察する必要があるし、そのうえでひらめきも必要。だからたくさん失敗して学ぶ必要がある。キースのゲームの中には相手にいい時間を与えようとし、そして失敗することまで織り込み済みのゲームがある。それはとても教育的である。

アイデアはいつもそこにある

アイデアを探そうとするとお客さんから切れてしまう。そこにあるアイデアに気づいてその流れに乗っていけばお客さんと一緒に進んでいくことができる。本当にがんばらなくていい。「やった感じ」をアテにしない。自分の中には手応えが無くて、弱さすら感じる時にそれはうまくいっている。

あらためてインプロは俳優訓練に役立ち、またキース・ジョンストンのインプロは新しい思想を持っているものなのだと思いました。6時間のワークショップは大変充実していましたが、それでもまだまだ入口に立っただけです。9月からは連続インプロワークショップも始めます。こちらもどうぞよろしくお願いします。