2月3日(土)インプロワークショップふりかえり

昨日はインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

個人的に「たくさん話す」「リスクを取る」をテーマにワークショップに臨み、思想的でチャレンジングで、そしてとってもいい時間となりました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

アーティストの仕事はリスクを取ること

アーティストの仕事はリスクを取って可能性を探究すること。結果を約束するのはエンターテイナーやビジネスマンの仕事。それはどちらが正しいということではなく、仕事の違い。

演劇は関係の芸術

アートは内容よりも形式によって表現される。演劇を関係の芸術とするなら、どのように関係が作られ、それがどのように変化するかによって演劇は作られる。ストーリーを作るためではなく、関係を作るために舞台に上がる。

即興は状態によって面白くなる

即興の面白さはプレイヤーの状態によって生み出される。グッドネイチャーでいること、スポンテイニアスでいること、正直でいること、傷つきやすくいること。そういう状態でいられれば即興は自然と面白いものになる。

次回は3月3日(土)の夜にワークショップを行います。初心者から経験者までが一緒に探究するオープンワークショップはいいなぁと思っているので、しばらくはこんな感じで進めていこうと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いします。