どうしてアレクサンダーテクニークとインプロを一緒にやっているの?

アレクサンダーテクニークとインプロのワークショップは何度か行っていて、「興味ある」という方は多いのですが、同時に「どうしてアレクサンダーテクニークとインプロを一緒にやっているの?」と聞かれることも多いので、それについてちょっと書いてみたいと思います。

僕がアレクサンダーテクニークに出会ったのは、ちょうどインプロと同じ大学三年生の時でした。当時の僕はバイトとして進学塾の講師をバリバリやっていたのですが、バイトを頑張りすぎた結果腱鞘炎に近いものになってしまいました。

僕は国語の集団授業をやっていたので板書が多かったし、長期休みには1日7時間授業をする、といったこともあったので、腱鞘炎になっても仕方ないと言えば仕方ない状況ではありました。しかし同時に「同じだけ授業をしても腱鞘炎にならない人もいる。その違いはなんだろうか?おそらく板書することに力を使いすぎている」とも考えました。

そしてなんとなく名前は知っていたアレクサンダーテクニークのことを思い出し、レッスンに通うことにしました。アレクサンダーテクニークは身体の(それは同時にマインドの)不必要な緊張に気づいてそれをやめていくという学びです。腱鞘炎についてはそれこそ1回のレッスンで問題なくなったのですが、その学び自体が興味深いと思った僕はその後もしばらくレッスンに通っていました。

そして同時期にインプロにも出会ったわけですが、僕の中では「これはなんか近いものだぞ」という実感がありました。キース・ジョンストンのインプロは何かを身につけていくというよりも、「人前に立った時の恐怖を取り除いていく」という学び方をするのが特徴です。そして「やめていく学び」という点でアレクサンダーテクニークと近いと感じていました。

大学を卒業した後しばらくはアレクサンダーテクニークのレッスンに通っていなかったのですが、その考え方自体はいつも自分の学びに使っていました。そして3年ほど前にけんさん(このワークショップの相方でアレクサンダーテクニーク教師)に出会って「アレクサンダーテクニークとインプロで何かをやろう」という話になりました。

それから2年ほどは特に何もなかったのですが、僕がアメリカに行って帰ってきてけんさんと話していたときに「やっぱりやろう!新しいことを試してみよう!」ということで今年から不定期でワークショップを始めました。

何回かこのワークショップをやってみて分かったことは、「やめていく学び」という点では共通しているものの、その純粋さはアレクサンダーテクニークの方がずっと純粋だということです。

僕はインプロを日本の中でもかなり「がんばらない」路線でやっていますが、アレクサンダーテクニークの頑張らせてくれなさはインプロの比ではないです(笑)

でもだからこそ生まれる静けさがあって、僕はそれにある種の羨ましさを感じています。そしてそれくらい静かにインプロができてもいいなぁと思っています(もちろんいつもそんなに静かである必要は全然無いけれど、でも静かであれる選択肢は持っておきたい)。

だからこのアレクサンダーテクニークとインプロのワークショップでは、わーっと盛り上がる楽しいインプロというよりも、より静かにそこにいられるようなインプロを目指していきます。

ご興味のある方はどうぞお越しください。インプロがはじめての方でも大丈夫です。どうぞよろしくお願いします。

11月10日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「コントロールを手放す」をテーマに、動かす身体ではなく動かされる身体を探究していきました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

いつもよりもうちょっと自分の身体を信頼してみる

身体に任せていると動けないような「気がする」けれど、実際にはその方が身体は必要な動きをしてくれる。だからそれを信頼してみる。でもいきなり100%信頼することはできないから、「いつもよりもうちょっと信頼してみる」くらいでちょうどいい。それでも大丈夫なことが分かれば、次はまたもうちょっと信頼できるようになる。

自立することもできるし、相手と一緒にいることもできるのが自由

リーダーとフォロワーの役割を明確にできるように。自立することもできるし、相手と一緒にいることもできるのが自由。相手と一緒にいることしかできないと依存になり、自立することしかできないと孤独になる。誰も犠牲にならず、お互いに自由でいて、お互いに貢献している状態を目指す。

相手と一緒に居続けるためにストーリーを進めていく

インプロではネガティブになったりブロッキングをしたり質問をしたりすると相手と一緒に居づらくなる。だからポジティブに、受け入れて、提案することで相手と一緒にいる。そうすればストーリーは自然と進んでいく。

次回11月17日(金)は「一瞬一瞬に生きる」をテーマにやってみようと思います。演技のためのインプロワークショップの残り2回はまとめに入ります。次回はこれまでのワークの中でも「今ここ」にフォーカスしたワークをぎゅっと凝縮してやります。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

愛媛県の松山でインプロワークショップを行ってきました

一昨日は松山でインプロのワークショップを行いました。短い時間でしたがとってもいい時間となりました。

ワークショップでは「たくさん失敗する」「がんばらない」「相手にいい時間を与える」といったキース・ジョンストンのインプロの考え方をシェアしながら進めていきましたが、この日のキーワードは「根拠なき信頼」であったように思います。

自分に対する根拠なき信頼、パートナーに対する根拠なき信頼、お客さんに対する根拠なき信頼。それが可能性の扉を開く。確認してから信頼しようとすると、その扉は開かない。

でもいきなり100%信頼することはできないから、「いつもよりもうちょっと信頼してみる」くらいでちょうどいい。それでも大丈夫なことが分かれば、次はまたもうちょっと信頼できるようになる。

「根拠なき信頼」は自分の中ではテーマとしてあったものの、ワークショップのテーマとして扱ったことはありませんでした。それがテーマになったということは、それだけ暖かい参加者が集まっていたということだと思っています。

今回のワークショップは僕にとっても発見のあるいい会となりました。参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

10月27日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「可能性を広げる」をテーマに、引き続きクロサワインプロをやりながら、「人間がそのシチュエーションで取りうる行動の可能性」を探求していきました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

「動かすからだ」と「動かされるからだ」

自分で自分を動かそうとするよりも、何かに動かされている自分の方が見ていて興味深い。それはダンスにおいても演技においても。そのためには「物事をコントロールしたい」という欲求を手放す必要がある。それは簡単で難しいこと。

舞台は怖い場所であると同時に、自由な場所

舞台は怖い場所であるが、同時に自由な場所でもある。舞台の上では人を裏切ったりなど、日常では許されない行動をすることもできる。だからそれを試してみる。チャレンジするのがアーティストの仕事。失敗しても大したことにはならないから大丈夫。

好奇心で試してみる

「正しさ」や「普通」や「感情」に縛られるのではなく、そのシチュエーションにいる人物が取りうる行動の可能性を試してみる。そのためには「これをやったらどうなるだろう?」という好奇心がエンジンになる。

次回11月3日(金)はインプロ指導者合同イベントに出演するためお休みとなります。インプロ指導者が4人集ってトーク・ワークショップ・ショーを行う1日です。ご興味ある方はどうぞご参加ください。ご予約は僕に直接でも大丈夫です。

10月20日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「行動する」をテーマに “Acting is Doing” の意味を探求していきました。少人数でしたが非常に濃厚な時間となりました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

インプロは物事を前に進めるアート

クロサワインプロは十分に間を取って、そして行動するというフォーマット。「間を取る」ことの方がフォーマットの特徴として見えやすいが、より重要なのは「行動する」こと。質問したり確認したりするのではなく、行動する。そうすると物事が一気に進む。

行動の可能性を試してみる

行動の可能性はいつも複数あるから、それを試してみる。感情は自然とやってくるけれど、それに行動を縛られる必要はない。相手を憎しみながら抱きしめることはできるし、相手を愛しながらナイフを突きつけることもできる。

たくさん失敗してたくさん学んでいく

「行動する」とは何なのかは分かるようで分からないもの。「物事を前に進めるのが行動」と言うことはできるが、それはやってみなければ分からないこと。だから実際にやってみて確認していく。たくさん失敗してたくさん学んでいく。

次回10月27日(金)は「可能性を広げる」をテーマにやってみようと思います。引き続きクロサワインプロを行いながら、「習慣的な反応」を超えてどこまで人間の行動の可能性を広げることができるかを探究していきます。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

10月13日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「反応する」をテーマにやってみました。新しいことをやるというよりも、これまでにやってきたことを新しい視点でやってみる回でしたが、自然で面白くて興味深いものが見られる非常に楽しい回となりました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

シンプルに反応する

「反応できない」でもなく、「過剰反応してしまう」でもなく、シンプルに反応できる自分になることを目指す。それは合気道のように、相手の力に抵抗するのではなく、受け流すような状態。

反応することと反応しないこと

「反応する」ことは「反応しない」こととのコントラストによって表現される。先のことを考えると現実とは関係なく反応してしまうし、現実に反応することもできなくなってしまう。反応しないことは反応することと同じくらい重要なこと。

習慣的反応をどう扱うか

反応することを重視するようなリアリズムのインプロをすると習慣的反応が出てくるのは仕方ないこと。習慣的反応を超えていくためには反応に待ったをかける必要があるが、そうすると反応が遅れるのも仕方ないこと。それらは両方必要なこと。正解は、無い。

次回10月20日(金)は「行動する」をテーマにやってみようと思います。今回で連続ワークショップの前半の区切りがついたような気がするので、後半は演劇としてのインプロを深めていこうと思います。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

10月6日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「ニュートラル」をテーマに探究的な時間となりました。「ニュートラルとは何か?」ということについてディスカッションする時間もありましたが、結局は「何も考えずにやってみるのが一番だね笑」となったのが印象的でした。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

からだは「空」だ

何かを「しよう」としているとニュートラルにはなれない。まずは空っぽになることから。何も考えず、何もしようとしない。それでも必要な動きは自然と起こる。

Neutral = Empty + Joy

ただ空っぽな状態だと、ネガティブに見えたり悲劇的に見えたりすることが多い。それよりも少しポジティブな状態のほうがニュートラルに見える。それは空っぽの器に喜びを満たすようなもの。

使ってもいいし、使わなくてもいい = 自由

やってきたアイデアや感情にしがみつこうとしない。それを使ってもいいし、使わなくてもいい、という状態が自由。身体はいつも今ここにあるように、アイデアや感情もいつも今ここにある。

次回10月13日(金)は「反応する」をテーマにやってみようと思います。最近は静かなインプロが続いていたので、次回は少しエネルギッシュにやろうと思います。しかしテンションを上げて過剰反応するのではなく、シンプルに反応することを目指していきます。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。