11月24日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

11月24日(金)は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「物事を進める」をテーマに、待つこと・行動すること・劇的であることを重視したインプロを行いました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

「Action」とは何かを探求していく

クロサワインプロは、待って、行動する(Action)というフォーマット。しかし何がアクションなのかを定義することはできない。やってみて物事が進んだように見えるものがアクションだから、たくさん試してうまくいったりいかなかったりして学んでいく。

リアクションはアクションではない

当たり前といえば当たり前だが、リアクションはアクションではない。しかしリアクションをすると感情も出てくるので、それでアクションをした「感じ」になるので注意が必要。アクションは反応ではなく、意図的・選択的な行動である。

アクションとリアクションはどちらもできる必要がある

アクションのインプロとリアクションのインプロはどちらもできることが必要。アクションのインプロだけだとやりとりが薄くなるし、リアクションのインプロだけだと物事が進まない。どちらもできるようになっておけば、必要なときに必要なことができるようになる。

3ヶ月にわたって行ってきた「演技のためのインプロワークショップ」はここで一旦おしまいです。最初に想定していたよりもずっと深くてずっと高度なワークショップになったと感じています。連続もしくは週一ワークショップはまた来年に再開しようと考えていますので、その時はどうぞよろしくお願いします。

なお、12月は12月9日(土)に行われる「もんてんインプロまつり!」内で演技のためのインプロワークショップを行います。
この日は他にもストーリーテリング・マスクのワークショップも受けることができますので、ご興味ある方はどうぞお越しください。

また、夜には会場である両国門天ホールを使って誰でも参加できるインプロショーを行います。
この連続ワークショップでは発表会のようなものは行いませんでしたが、劇場で・人前でインプロをやることに興味がある方はぜひお越しください。

ご予約は他のワークショップや夜の部も含めて僕に直接連絡をいただいても大丈夫です。
今後ともどうぞよろしくお願いします!

11月19日(日)アレクサンダーテクニークとインプロのワークショップふりかえり

昨日はアレクサンダーテクニークとインプロのワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

これまで様々な観点からアレクサンダーテクニークとインプロのつながりを探求してきたワークショップですが、今回はシンプルに「身体をいい状態にする。その状態でインプロをする。そうしたら何が起きるだろうか?」というテーマで臨んでみました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

刺激に対して反応する自分に「待った」をかける

刺激に対して反応しているときには選択の余地が無い。だからそこで一旦待ってみる。そうすると選択の余地が生まれる。人前で即興で何かをするということはかなり強い刺激だから、すぐに反応したくなる。だからゲームやシーンの中で1回でも待つことができたら十分。そこから始めてみる。

どちらも犠牲にならずに一緒にいる

自分と相手が一緒にいる時にどちらかが犠牲にならないようにしたい。自分を犠牲にして相手を心地よくさせるのではなく、相手を犠牲にして自分が心地よくなるのでもなく、お互いに心地よい状態を目指す。100%の自由と100%の貢献の両立。

身体の観点でふりかえる

自分を犠牲にしているかどうかは身体の緊張で分かる。それは心の状態から見つけようとするよりもずっと明確である。インプロを身体の観点からふりかえることはほとんどないが、その観点でふりかえってもいい。それは非常に堅実で健康的な方法である。

今回のワークショップはシンプルなテーマで臨んで、そしてシンプルに心身と即興の探求ができたとってもいい時間でした。最近は身体寄りのアプローチを探求していましたが、そのひとつのモデルとなるワークショップとなりました。

次回のアレクサンダーテクニークとインプロのワークショップは未定ですが、また行いたいと思います。不定期のワークショップですのでご興味ある方はお見逃しなく。今後ともどうぞよろしくお願いします。

11月17日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「一瞬一瞬に生きる」をテーマに、今ここ・反応・リアリズムを重視したインプロを行いました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

相手と一緒に楽しむ

インプロは自分ひとりで夢中になるものではなく、相手と一緒に楽しむもの。ふたりとも楽しんでいるけれど、実はバラバラに楽しんでいることもある。楽しんでいる自分と静かな自分が同時にいるように。

ダメな自分のままでいる

サムライゲームでは自分がダメになった時に切ろうとしないように。ダメな自分のまま相手と一緒にいる。困っていたり恥ずかしがっている自分を晒す。そうすればそれも面白くなる。

目的を達成することにコミットする

リアリズムの演技で大事なのは目的を達成しようとすること。それにどこまで本気を出せるか。その山は途中で降りることもできるけど、パートナーとどこまで登ることができるか。それは本当に苦しい。しかしその奥には喜びがある。

次回11月24日(金)は「物事を進める」をテーマにやってみようと思います。今回とは反対に、待つこと・行動すること・劇的であることを重視したインプロをやります。最終回ですが単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

11月10日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「コントロールを手放す」をテーマに、動かす身体ではなく動かされる身体を探究していきました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

いつもよりもうちょっと自分の身体を信頼してみる

身体に任せていると動けないような「気がする」けれど、実際にはその方が身体は必要な動きをしてくれる。だからそれを信頼してみる。でもいきなり100%信頼することはできないから、「いつもよりもうちょっと信頼してみる」くらいでちょうどいい。それでも大丈夫なことが分かれば、次はまたもうちょっと信頼できるようになる。

自立することもできるし、相手と一緒にいることもできるのが自由

リーダーとフォロワーの役割を明確にできるように。自立することもできるし、相手と一緒にいることもできるのが自由。相手と一緒にいることしかできないと依存になり、自立することしかできないと孤独になる。誰も犠牲にならず、お互いに自由でいて、お互いに貢献している状態を目指す。

相手と一緒に居続けるためにストーリーを進めていく

インプロではネガティブになったりブロッキングをしたり質問をしたりすると相手と一緒に居づらくなる。だからポジティブに、受け入れて、提案することで相手と一緒にいる。そうすればストーリーは自然と進んでいく。

次回11月17日(金)は「一瞬一瞬に生きる」をテーマにやってみようと思います。演技のためのインプロワークショップの残り2回はまとめに入ります。次回はこれまでのワークの中でも「今ここ」にフォーカスしたワークをぎゅっと凝縮してやります。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

愛媛県の松山でインプロワークショップを行ってきました

一昨日は松山でインプロのワークショップを行いました。短い時間でしたがとってもいい時間となりました。

ワークショップでは「たくさん失敗する」「がんばらない」「相手にいい時間を与える」といったキース・ジョンストンのインプロの考え方をシェアしながら進めていきましたが、この日のキーワードは「根拠なき信頼」であったように思います。

自分に対する根拠なき信頼、パートナーに対する根拠なき信頼、お客さんに対する根拠なき信頼。それが可能性の扉を開く。確認してから信頼しようとすると、その扉は開かない。

でもいきなり100%信頼することはできないから、「いつもよりもうちょっと信頼してみる」くらいでちょうどいい。それでも大丈夫なことが分かれば、次はまたもうちょっと信頼できるようになる。

「根拠なき信頼」は自分の中ではテーマとしてあったものの、ワークショップのテーマとして扱ったことはありませんでした。それがテーマになったということは、それだけ暖かい参加者が集まっていたということだと思っています。

今回のワークショップは僕にとっても発見のあるいい会となりました。参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

10月27日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「可能性を広げる」をテーマに、引き続きクロサワインプロをやりながら、「人間がそのシチュエーションで取りうる行動の可能性」を探求していきました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

「動かすからだ」と「動かされるからだ」

自分で自分を動かそうとするよりも、何かに動かされている自分の方が見ていて興味深い。それはダンスにおいても演技においても。そのためには「物事をコントロールしたい」という欲求を手放す必要がある。それは簡単で難しいこと。

舞台は怖い場所であると同時に、自由な場所

舞台は怖い場所であるが、同時に自由な場所でもある。舞台の上では人を裏切ったりなど、日常では許されない行動をすることもできる。だからそれを試してみる。チャレンジするのがアーティストの仕事。失敗しても大したことにはならないから大丈夫。

好奇心で試してみる

「正しさ」や「普通」や「感情」に縛られるのではなく、そのシチュエーションにいる人物が取りうる行動の可能性を試してみる。そのためには「これをやったらどうなるだろう?」という好奇心がエンジンになる。

次回11月3日(金)はインプロ指導者合同イベントに出演するためお休みとなります。インプロ指導者が4人集ってトーク・ワークショップ・ショーを行う1日です。ご興味ある方はどうぞご参加ください。ご予約は僕に直接でも大丈夫です。

10月20日(金)演技のためのインプロワークショップふりかえり

一昨日は演技のためのインプロワークショップでした!参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今回は「行動する」をテーマに “Acting is Doing” の意味を探求していきました。少人数でしたが非常に濃厚な時間となりました。

以下はワークショップのメモや個人的なふりかえりです。

インプロは物事を前に進めるアート

クロサワインプロは十分に間を取って、そして行動するというフォーマット。「間を取る」ことの方がフォーマットの特徴として見えやすいが、より重要なのは「行動する」こと。質問したり確認したりするのではなく、行動する。そうすると物事が一気に進む。

行動の可能性を試してみる

行動の可能性はいつも複数あるから、それを試してみる。感情は自然とやってくるけれど、それに行動を縛られる必要はない。相手を憎しみながら抱きしめることはできるし、相手を愛しながらナイフを突きつけることもできる。

たくさん失敗してたくさん学んでいく

「行動する」とは何なのかは分かるようで分からないもの。「物事を前に進めるのが行動」と言うことはできるが、それはやってみなければ分からないこと。だから実際にやってみて確認していく。たくさん失敗してたくさん学んでいく。

次回10月27日(金)は「可能性を広げる」をテーマにやってみようと思います。引き続きクロサワインプロを行いながら、「習慣的な反応」を超えてどこまで人間の行動の可能性を広げることができるかを探究していきます。単発での参加も受け付けておりますので、ご興味ある方はお申し込みください。どうぞよろしくお願いします。