インプロにおけるフィードバックの出し方・受け方

最近はインプロを教えるときに「正直にフィードバックを出す」「シンプルにフィードバックを受け入れる」ということをかなり重視している。特にディレクションを教えるときにはプレイヤーからのフィードバックがとても重要で、それは僕が教えることよりも重要なものだと思うようになった。

また、フィードバックで起きている現象はインプロで起きている現象と同じだとも思うようになった。正直にフィードバックできない人はインプロも正直にできていないし、フィードバックで相手にいい時間を与えられない人はインプロでも相手にいい時間を与えられていない。

だからフィードバックの仕方を学ぶことはインプロを学ぶことにつながる。ここでは最近心がけているフィードバックの出し方、受け方を簡単にまとめてみようと思う。(今回は分かりやすくプレイヤーとディレクターに分けているが、もちろんプレイヤー同士でもフィードバックはできる。)

フィードバックの出し方

プレイヤーはディレクターに困ったこと・嬉しかったことを正直にフィードバックする。そうすればディレクターはよりプレイヤーを助けられる・よりプレイヤーを喜ばせられるいいディレクターになっていく。

シーンをやっていた時の意図を解説するようなフィードバックは論理的には正しくても、相手を成長させるフィードバックとしてはあまり要領を得ない。それよりも困ったこと・嬉しかったことを端的に伝えたほうが相手の成長のためになる。シーンをどうやっていたか、ではなく、自分自身がどうなっていたかをフィードバックする。

困ったことをフィードバックする時はハッピーに伝えることが大事。「靴下の左右間違えちゃった!」と同じようなテンションで「自分が誰だかよく分からなかった!」と伝えればいい。それは相手にとっては落ち込ませなくて済むという意味があるし、自分にとっては困ること、つまり失敗することをオーケーにできるという意味がある。

困ったこと・嬉しかったことを正確にフィードバックしようとすることは、自分自身の状態に気づくきっかけにもなる。多くの人は、はじめのうちは自分がシーンの中でいつ困っていたか・喜んでいたかということを認識できない。それはシーン中にもそのときの自分の状態が分かっていなかったということ。しかし、フィードバックを繰り返すことでだんだんと認識できるようになっていく。

シーン中に困ってもそれに気づけずにいると、なんとなく続けてもっと苦しくなっていく。また、何かに喜んでいてもそれに気づけずにいると、やはりなんとなく流して元通りになってしまう。困ったことや嬉しかったことに気づけるようになれば、困ったときには方向修正ができるし、嬉しいときにはそれを使って遊べるようになる。

フィードバックを出すことは自分をオープンにすることであって、相手に何かを求めることではない。自分が困ったこと・嬉しかったことに対して相手がどう対応するかは相手の領域。どうしてほしかったかを伝えてもいいけれど、実際にそれをするかは相手の選択。全部自分が決めてしまったら人生はつまらない。

結局のところ、フィードバックとは自分をオープンにすることで相手に貢献しようとすることで、それはインプロと同じこと。自分の意見を押し通しては相手に貢献できないし、本当は楽しくなかったのに「楽しかったよー……」と言うことも相手への貢献にはならない。

フィードバックの受け方

フィードバックを受ける側はそれに一喜一憂しないことが大事。大喜びするしたり落ち込んだりすると、次にやるときに「あの時みたいにうまくできるだろうか……」「またあの時のようになっちゃうんじゃないか……」と怖くなる。また、フィードバックをもらって落ち込む人はだんだんとフィードバックをもらえなくなっていく。

フィードバックを受けて学ぶことは、ボールの投げ方を学ぶようなもの。右に投げすぎたことを知れば左に投げるようになるし、左に投げすぎたことを知れば右に投げるようになる。そうしているうちにだんだんとコントロールが良くなっていく。投げっぱなしで自分のボールがどこに行ったかを知らないままではうまくならない。しかし、自分のボールが当たったからといって大喜びしたり、自分のボールが外れたからといって落ち込んでいてもうまくはならない。それよりもさっさと次のボールを投げてまたどこに行ったかを知るほうが結果として早く成長できる。

フィードバックを受けたからといって、一発でそれを直そうと思うと学ぶのが難しくなる。「右に投げすぎたから、これからは絶対に右には投げないようにしよう」「今度は左に投げすぎたから、これからは絶対に左には投げないようにしよう」としたら、もうボールを投げることはできない。

フィードバックを受けた次は正しいことをやろうとするのではなく、むしろ新しい失敗をしにいこうと思うくらいでちょうどいい。その結果としてまた前と同じような失敗をしても構わない。その中で自分が学んでいることを信じてあげる。

フィードバックの出し方・受け方を学ぶことは普段の生活にも適用しやすいので教える価値が高いことだと思っている。しかし、実際に教えてみると多くの人はフィードバックがすごく苦手だし、そしてすごく恐れている。だから指導者は建設的なフィードバックの仕方を教える必要があるし、なによりフィードバックが行われることを勇気づけていく必要がある。

自分をオープンにすることで相手に貢献する、相手に貢献するために自分をオープンにする

僕はこれまでインプロは自由になることを目指すものだと思っていたけれど、今は自由になることよりも自分をオープンにすることを重視するようになっていて、そして目指すところは貢献することなのだと思うようになった。

自由は結果の状態だから、それ自体をすることはできない。直接自由をやろうとすると自由な「ふり」になってしまうし、結局は自由でない自分と戦ってしまう。

やることは今ここにいる自分をオープンにすること。恐れていてもいい。困っていてもいい。恥ずかしがっていてもいい。みじめでもいい。もちろん喜んだり面白がったりしてもいい。それらと戦わないでオッケーにしていく。

けれど、オープンにすること自体も目的にはしない。それを目的にすると「これでいいだろうか……」と顔色を伺ったり、反対に「だってそう思ったんだもん!」と頑なになってしまいがちだから。

目的は相手に貢献すること。自分をオープンにすることで相手に貢献する、相手に貢献するために自分をオープンにすると考えればもっと能動的に、もっと柔軟になれる。

自分をオープンにしながら相手に貢献することは本当にいい関係を作ることと同じことで、本当に難しいこと。自己犠牲をしたり自分勝手になる方がずっと簡単。でもそれでは愛と勇気は学べない。だから今ここにいる自分から少しずつ、誠実に探究していく。

インプロはコミュニケーション能力を高めるものか?

インプロはコミュニケーションをうまくするものというよりも、コミュニケーションがうまくいっていないことを笑い飛ばせるようになるものだと思う。そしてその結果としてよりオープンなコミュニケーションができるようになっていく。

コミュニケーションの失敗を恐れると、失敗しないコミュニケーションを取ろうとする。しかし、そうすること自体がコミュニケーションの失敗を招いてしまう。自意識過剰ではコミュニケーションはうまくいかない。

さらにはコミュニケーションの失敗を恐れるあまり、コミュニケーションが失敗しているのにそれを見ないようにしてしまう。上辺だけのやり取りをして、うまくコミュニケーションしているつもりにはなっているけれど、お互い少しずつ消耗している。

このような状態ではコミュニケーションが学ばれるはずなどない。失敗してもいいと思えるからこそ、いろいろ試すことができて、結果を見ることもできて、コミュニケーションは自然と学ばれていく。

学ぼうとするとかえって学べなくなる。いいものを作っていく中で全て学ぶことができる。

最近インプロのワークショップをするときは、ものづくりのワークショップのような健全さでやりたいと思っている。

インプロのワークショップは「自分を見つめる」といったコンセプトによって、ややもすると内向き後ろ向きになりやすい。「自分がインプロをできないのは家族との関係に問題があったからだ」といった「気づき」によって何かを学んだような気にはなるけれど、僕はそれはあまり意味がないことだと思っている。それは「できない理由」にはなるけれど、「できる理由」にはならない。

ものづくりのワークショップはその点すごく外向き前向きである。「自分はどうしていいものが作れないんだろう」と自分を探ったっていいものは作れるようにはならない。それよりも作品に向かって手を動かした方が(途中たくさん失敗しながらも)いいものは作れるし、その結果これまでの自分の枠組みに気づくことができる。そしてその気づきは気づくと同時に手放すことができる軽いものである。

自分探しをするのではなく、何かをするための自分の使い方を探す。自分の使い方を見つけた結果それまでの自分について気づくこともあるけれど、それはあくまでも結果であって、それ自体を目的にすると重くなってしまう。

そういう風に考えるようになってから、僕はインプロのワークショップをするのがかなり気楽になった。人に何かを気づかせようとするとどうしても重くなる。そうではなく、今ここにある現実をただ良くしようとすればいい。

悪いところを探すのではなく、良いところを探すのでもなく、ただ良いものにしていく。「褒めよう」とするのはあまり誠実な態度ではないと思うし、「気づかせよう」とするのもやっぱり誠実な態度ではないと思う。でも、ただ一緒にいいものを作っていこうとすれば誠実になれる。その結果何に気づくのか、もしくは気づかないかは相手の自由だ。

ワークショップはもともと「工房」という意味だったけれど、今では学びの場所という意味合いが強くなっているように思う。学びにフォーカスした方が学べるような気はするけれど、僕は案外そうでもないんじゃないかと思っている。学ぼうとするとかえって学べなくなる。いいものを作っていく中で全て学ぶことができる。

インプロを通して子供になること・大人になること

僕はインプロでも人生でも、昔は子供のようになることを目指していたけれど、今は大人になることを目指している。人は思ったよりもみんな未成熟で、だから何かに不満を抱えながら生きている。

「インプロの考え方はワークショップでは役に立つけれど、実生活では役に立たない」という話があるけれど、僕はこういう問題を立てること自体が問題だと思っている。なぜならそこには「それをやっても評価されないじゃないか」という考えがあるから。

僕はいいインプロバイザーとは相手が自分に何をしてくれるかを考える人ではなくて、自分が相手に何をできるかを考える人なのだと思っている。

だから相手から評価されるかどうかなんてことは抜きにして、ただ相手に貢献しようとすればいい。そして相手に貢献できているという実感があれば、たとえ評価されなくてもそれだけで満足することができる。

戦争は汚い大人が起こすものではなく、未熟な大人が起こすものなのだと思う。赤ちゃんは泣き声で相手を不快にすることによって自分の要求を通そうとする。その泣き声を銃声に変えたものが戦争なのだと思う。

「相手は自分に何かをしてくれるはずだ」と考えているから、思い通りにいかないときに不満を感じる。そしてその不満をまき散らすことによって自分の要求を通そうとする。これは赤ちゃんにとっては妥当な考え方だし、妥当な方法だと思う。しかしこれが全てではない。

大人になるということは、自分の要求を通すいろいろな方法を学ぶことであるし、そもそも「相手は自分に何かをしてくれるはずだ」という考えを捨てて貢献する喜びを発見していくことなのだと思う。

「もっとインプロがやりたくなるふりかえり」がいいふりかえり

前回「ディレクション」をテーマにワークショップをやって、その時にふりかえりを丁寧にするということを少しやってみたら、ディレクションとふりかえりは似ているということを思った。

その場でプレイヤーをインスパイアするのがディレクションで、あとから(自分を含む)プレイヤーをインスパイアするのがふりかえり。「ふりかえり」というといわゆる「反省」をしてしまいがちだけど、それが本当にインプロを良くしているのかは検討が必要だと思う。

例えば「自分がいかにインプロをうまくできないか」というふりかえりは、一見するとインプロを良くするための行為に見えるけれど、実際には自分が変わらないようするための行為だと思う。「自分はこれができない」と決めることで、自分が変わる可能性を遠ざけている。

他にも家族関係や学校教育といった大きな問題を持ち出すのも、そのほとんどは自分が変わらないようにするための方法だと思っている。家族関係や学校教育の問題を変えることは困難だから、それを持ち出すことによって今の自分を変えることも困難にしている。

最近はアドラー本(『嫌われる勇気』など)を読んだこともあって、あまり問題の原因を重視しなくなっている。「どうしてそれができないのか」について考えるのではなく、「どうしたらそれができるのか」を考えればいい。もちろんその過程で原因を知ることが必要ならすればいいけれど、原因を知ることで満足するのではなく、それをどう変えていくかが重要なのだと思っている。

インプロに限らず、ふりかえりをするときは「結局そのふりかえりは今ここにある現実を良くしているのか?」という視点が重要だと思う。今ここにある現実を良くしていない「気づきがありました」「これからに活かそうと思います」は、結局は「自分は変わりたくない」の変奏曲に過ぎない。

「私にはこういう過去があって……」と涙するようなドラマチックなふりかえりはその様子ほど人を変えない。それよりも、「あ、その手があったか!」とシンプルに前に進んでいくふりかえりの方が人は変わっていくと思っている。

安全な場所があってインスパイアされるものがあれば、人はそれをやってしまう。そうしているうちに人は自然と変わっていく。ふりかえりとはそういうサイクルを生み出すものなのだと思っている。だから今の僕は「もっとインプロがやりたくなるふりかえり」がいいふりかえりなのだと考えている。

インプロは理論としてはかなり深い話にすることもできる。しかし、実践にはいつも軽やかさを持っておきたい。軽やかさが深さを生み出すことがアートの面白さであり、人生の面白さだと僕は思っているから。

ワークショップにおける「批判しない」について

ワークショップでよく言われる「批判しない」ということは、単に批判的なことを言わないというだけではなく、本当に批判的な心を持たないことが大事なのだと思う。たとえ批判的なことを言わなくても、そこに批判的な心があればそれはどうしたって伝わってしまう。

本当は心の中で相手を批判しながら「いいですよー」と言うよりも、心から相手を受け入れながら「バカだなー!」と言えるほうが僕はずっと尊いことだと思う。そして自分が許せないと思っていることを本当に許している人がいれば、それだけで何かが変わっていく。

でもこれはあくまでも理想型だから、実際には常にそこを目指していく過程なのだと思う。「批判的な心があるのだから批判すればいい」と開き直る(実際には感情に囚われている)のではなく、「人を批判してはいけない」というルールに囚われるのでもなく、批判している心に気づいたらただそれを流していく。そうしているうちに自分がだんだんとクリアになっていく。

人はすぐに「どうすればいいのか」を知りたくなるけれど、それよりも「どうあればいいのか」を知ることの方が大事なのだと思う。それは一足飛びにはいかないもどかしい過程だけれど、そういう風にしか進んでいくことはできないし、僕はそういう風に進んでいる姿自体にある種の美しさを感じる。