ブログ

ここではインプロやワークショップに関するさまざまな考えを書いています。

中学校でインプロワークショップをしてきました

昨日は日野さんからのお誘いで、即興実験学校SAL-MANEの仲間と共に、日野さんの母校である中学校にインプロのワークショップに行ってきた。

今回のワークショップは対象が多感な中学生であり、また学校の授業の一環として行われたことから、最初の雰囲気は固かった。しかし、およそ1時間半という時間の中で最終的には一定の成果を残せたように思う。

そこで、ここでは昨日のワークショップの簡単な振り返りを書いてみようと思う。

1. プレイヤーとしての自分を使う

今回のワークショップを振り返ると、自分のワークショップはかなりプレイヤーとしての自分を使っていることに気づいた。

最初にインプロを説明する段階で短いひとりインプロを見せたり、ゲームの説明でも積極的に自分が入ったり、チームごとに見せあうときはショーのMCのように働いていた。

これは「ワークショップの中心は参加者であって、ファシリテーターは黒子であるべき」というよくありそうな言説からは外れるかもしれない。

けれど、今回一番の目的であると考えていた「ハッピーに失敗できる」雰囲気を作るためには、それが必要だったと思う。反対に、そうしなかった場合はインプロがただの教訓になっていたのではないかと思う。(もちろんそうしなかったバージョンとの比較はできないので、主観によるものでしかないけれど。)

2. 見せることは大事

さっきの内容とかぶるかもしれないけれど、インプロを教えるときにはまず見せることが大事だと思った。特に今回のように、インプロを全く知らない人に対してはそれは必要なことだと思った。

僕は最初にインプロを説明する段階で場所のアイデアを生徒からもらい、そのアイデアで30秒くらいひとりインプロをした。そしてそれはその後のワークショップを進めていく上でとてもよく働いたと思う。(これも比較はできないので主観によるものでしかないけれど。)

これも「ワークショップは参加者たちが自発的に何かを生み出すものであって、ファシリテーターがお手本を見せるものではない」というこれまたよくありそうな言説からは外れるかもしれない。

けれど、インプロを全く知らない人に対してゲームを教えても、それは楽しいものではあっても、結局は「やらされているもの」で終わってしまうだろう。しかし、もし実際のインプロを見てそれに興味を持ってくれたなら、そこでやることは「やりたいこと」に変わるかもしれない。(ちなみにインプロを見て興味を持たなかった場合は、別にやらなくてもいいと思う。学校でこういう対応をするのは難しいかもしれないけれど。)

3. 安全な場所を作る

今回行った中学校の生徒は、インプロを見ることに対しては驚くくらい反応がよかったけれど、実際にやるとなると文字通り後ろに下がってしまう生徒が多かったように思う。

今回のワークショップでは、キースの言うとおり「安全な場所を作る」ということがとっても大切なのだということを学んだ。本当に、その状態でないとこれも文字通り何も変化が起きない。

しかし逆に言えば、これまで書いてきた興味と安全な場所さえ作れれば、ワークショップはたしかに参加者が中心となり、自発的に何か生みだす場所になる可能性があるとも思った。

ワークショップに関する言説はある種の状態においては働く、けれどそのある種の状態を作ることは思っている以上に難しい。そして世の中にはその状態が作れていないのに(ファシリテーターですらその状態になっていないのに)、その状態だと「仮定」して進めてしまっているワークショップも多いのではないか、ということを考えたりもした。

最後は話がずれてワークショップ自体についての話になってしまったけれど、昨日のワークショップを終えたらそんなことを思った。

インプロと「準備」について

先日ピーターブルックの映画『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』を見て、禅とインプロについての理解が深まったように思った。なのでたまにはインプロのことについて書いておこう。(準備についてと時間についてを書こうと思ったけれど、準備について書いていたら長くなってしまったので時間についてはまた今度。)

ピーターの映画で印象に残った場面に、20まで数えるワークがある。参加者が円になって、誰かが1とカウントし、別の誰かが2とカウントし、カウントのタイミングが他の人と被ったら1に戻るというシンプルなワークである。

ピーターはこのワークの前にマインドを共有するという話をし、カウントを始める前にその準備が必要であることを強調していた。そしてその準備ができていないと見たときにはワークを止めて、準備をしてからカウントするように指示していた。

マインドを共有するということは必ずしも科学的に正しい表現とは言えないだろう。しかし、たしかにその準備ができていないときはその場の何かが共有されていないように見えたし、その準備ができているときはその場の何かが共有されているように見えた。そして何よりその瞬間は美しく見えた。

僕の言葉ではこのような状態は「調和」と表現される。それはまず第一に自己との調和であり、第二に空間を含めた他者との調和である。自分の心が落ち着いていて、ひとつの方向に流れているときに調和は達成される。

さて、では自分がインプロをしているときに調和は達成されていたかというと、それは疑わしいように思う。そもそも、その方向に向かっていたかどうかすら疑わしいように思う。

キースのインプロでは「準備しない(Don’t be prepared)」ということが言われるが、これまでの自分はその言葉の理解を曖昧にしたままだったように思う。「先の事が分からない恐怖に囚われて、それが分かるまで行動しない」という意味ではたしかに準備をしない方がいいだろう。しかし、調和という意味では準備をした方がいいし、そのためには時間を取ることが必要になることもあるだろう。

これまでの自分を振り返ってみると、インプロをするときにあえて自分を追い込もうとしていたように思う(ストーリー内の話ではなく、役者として)。特に僕のように安定感がうたわれるタイプのプレイヤーはそれが必要だと考えていたように思う。そしてそれがリスクを上げている、という風に捉えている自分がいたように思う。

しかし実際このような意味で「準備しない」状態で舞台に立てば、自己とも他者とも調和しないアイデアが飛び出し、結局はシーンとして成り立たないという結果が生まれるだけになる。

これはこれで人が調和していない状態ではシーンも調和しないという真実を示しているけれど(だから良い悪いという話ではない)、これは僕が示したい真実ではないし、お客さんは笑っても興味を持って見ることはしないだろう。

即興だからという理由であえて自分を追い込む必要はないし、これはリスクを上げているように見せて、実は「追い込まれていたからシーンはどうなってもオッケー」という言い訳になっていたのではないかと思う(これはさしすせそ禁止ゲームのようにルールの厳しいゲームほどリスクが低くなるという構造に近い)。

本当は即興だからこそ普通である必要があるし、何かを課さずに自分が相手とやりたいシーンをただやろうとすればいい。そしてそれこそが言い訳のできない一番のリスクテイクになっていると僕は思う。