即興モノローグワークショップ

即興モノローグワークショップ

このワークショップは即興でモノローグをすることにチャレンジするワークショップです。生き生きと語り、見ている人の興味を引き続けるモノローグを目指します。ご興味ある方はどうぞご参加ください。

誰のためのワークショップ?

モノローグにチャレンジしたいインプロバイザー

台本のある演劇ではモノローグや長台詞がたくさんありますが、インプロではなかなか見かけることがありません。しかしそれは決してできないことではありません。このワークショップではインプロの新しい可能性にチャレンジしてみましょう。

モノローグについて理解を深めたい俳優

即興でモノローグをするということは、モノローグを創作するということです。そしてそれはモノローグをどのように演じるかの大きな手がかりとなります。このワークショップでは生き生きと語り、見ている人の興味を引き続けるモノローグを目指します。

このワークショップで目指すモノローグとは

大まかに言って、モノローグにはクラシカル(Classical)とコンテンポラリー(Contemporary)があります。

クラシカルなモノローグとは、シェイクスピアに代表される詩的な独白のことです。それに対してコンテンポラリーなモノローグとは、具体的な相手に向けて話しかけているものです(会話の中の長台詞をモノローグして抜粋することも多くあります)。

どちらのモノローグにも良さがありますが、このワークショップで扱うのはコンテンポラリーなモノローグのほうです。具体的には次の動画が参考になります。最近モノローグ集『穴』を出版した渋谷悠氏本人によるモノローグです。(ちなみにモノローグ集『穴』は日本では類を見ない良書であり、おすすめです。)

このワークショップでは目の前の人物が見えるような、生き生きとしたモノローグを即興ですることを目指します。また逆説的ですが、コンテンポラリーなモノローグでは「相手を聞く」ことが非常に重要になるため、ダイアローグ(会話)の訓練にもなります。ご興味ある方はどうぞご参加ください。

詳細

即興モノローグワークショップ

日時
2019年6月16日(日) 12:30~15:30
場所
阿佐谷地域区民センター 軽運動室
JR「阿佐ヶ谷駅」徒歩3分
対象
インプロもしくは演技経験者(経験量は問いません)でモノローグに興味がある人
参加費
3,000円(25歳以下2,000円)
定員
8名
講師
内海隆雄
申し込み
ページ下部のフォームよりお申し込みください。

講師

内海隆雄
内海隆雄
1985年横浜生まれ。東京学芸大学に在学中、高尾隆研究室インプロゼミにてインプロを学ぶ。大学卒業後は100を超えるインプロ公演に出演するほか、各地においてワークショップを開催している。2017年にはアメリカのサンフランシスコにあるインプロシアターBATSにてワークショップおよびショーケースに参加。またアメリカのインプロの本場であるシカゴにも行き、海外のインプロ文化にも触れる。

お申し込み

お申し込みには48時間以内に返信いたします。もし返信がない場合は迷惑メールに入っていないかをご確認の上、「master@thirdimpro.com」まで直接ご連絡ください。